スポンサーリンク

濃度の計算問題

スポンサーリンク
濃度問題について

濃度問題は毎年45問目に出題されていました。(2020年は出ませんでした。)

単位の変換(換算)と割り算・掛け算ができれば易しい問題となります。

出題される問題は3パターンです。

  • 出題パターン1:出来上がった溶液の濃度を求める問題
  • 出題パターン2:最初の溶液の量を求める問題
  • 出題パターン3:加えた水の量を求める問題
スポンサーリンク

出題パターン1:出来上がった溶液の濃度を求める問題

2019年問題(改変)

■6%の次亜塩素酸ナトリウム溶液100mLに水30Lを加えた場合、この濃度の次亜塩素酸ナトリウム濃度を選べ。

(1)20mg/L、(2)60mg/L、(3)100mg/L、(4)200mg/L、(5)300mg/L

解答方法

  1. 6%の次亜塩素酸ナトリウム100mL=100mL×6%(0.06)=6mL
  2. 6mL=6000mg
  3. 6000mg÷30L=200mg/L(解答選択肢の単位はmg/Lとなっています。)

正解は選択肢(4)200mg/L

2016年問題(改変)

■5%溶液として販売されている次亜塩素酸ナトリウム50mLを水50Lに加えた場合、この溶液の次亜塩素酸ナトリウム濃度を選べ。

(1)25mg/L、(2)50mg/L、(3)100mg/L、(4)500mg/L、(5)1000mg/L

解答方法

  1. 5%次亜塩素酸ナトリウム50mL=50mL×5%(0.05)=2.5mL
  2. 2.5mL=2500mg
  3. 2500mg÷50L=50mg/L(解答選択肢の単位はmg/Lとなっています。)

正解選択肢(2)50mg/L