勉強法と推薦参考書

ビル管試験への取り組み方の提案

ビル管試験では総合点を取ることはそこまで難しくはありません。

過去問6年分を10周ほど繰り返せば、総合点65%以上は取れます。過去問を繰り返し取り組むことは合格するためにすごく重要な勉強法です。選択肢を覚えるだけでも意味があります。(ビル管試験では、毎年似たような設問が繰り返し出題されています。過去問を何年分か取り組めば、「この設問(選択肢)、前年にも出題されていた!」と気付くことが多いです。繰り返し出題される設問をより多く暗記(理解)できた方が合格しているのです。)

しかし、ビル管試験の合格率は20%程度と低く、5人に1人ほどしか合格できていません。

ビルメン業界の中でも難関資格(上位資格)と言われています。多くの資格紹介サイトでも「過去問を繰り返すことが合格への近道」と書いてあるのにも関わらずにです。合格者とあと一歩手が届かなかった方の違いとは何なのでしょうか。

私は「赤本の取り組み方」に大きな違いがあるのだと思います。

そこで効率よく勉強するための、取り組み方をまとめてみました。(複数の合格者にどのように取り組んでいたか振り返ってもらった情報も併せて、より効率のいい勉強法を提案します。)

準備編:ビル管理士試験合格テキスト(成美堂出版)

過去問を始める前に

まず”ビル管理士試験合格テキスト”にざっと目を通す。これがなにより重要です。

過去問を繰り返し解くことはビル管試験の勉強では重要なことですが、

過去問に取り組む前に「ビル管理士試験合格テキスト」に目を通すことで、勉強効率が格段に上がります。まず、間違いありません。ゼロから始める方は準備することをお勧めします。

  • 設備に詳しくない方
  • 今年はじめて受験される方

上記に該当する方は、特に強くお勧めします。

管理人
管理人

勉強中の同僚に進めたところ入門書として評判が非常に良かったです。ただ、書店で扱ってないこともあるため、ネット通販での購入がお勧めです

いきなり赤本に取り組むと、はじめて目にする内容が延々と続きます。解説を読み込みすぎてどこが重要かわからなくなることが多いです。それだけ赤本は詳しく解説が作られています。

こちらの教材は易しい説明文や多くの図で構成されており、これからビル管試験を始める方にぜひ活用して欲しい教材です。2、3日程度で読み終えることができ、ビル管試験範囲全体のボリュームを把握できます。過去問ほどではないにしろ、重要なポイントは抑えてあるので非常にお勧めです。

私自身も過去問に取り組む前に一読し、すごく参考になったと感じます。(試験直前まで、ボロボロになるまで愛用していました。)

ビル管理士試験合格テキストに目を通した後、過去問(赤本)を解き進めると、この教材のほとんどの内容が試験で繰り返し問われている重要な部分と気付けます。

  1. ビル管理士試験合格テキストにひととおりざっと目を通す。
  2. 過去問に取りかかる。
  3. ビル管理士試験合格テキストのほとんどの部分が重要であったと気付く。
  4. ビル管理士試験合格テキストの重要部分をあらためて暗記(理解)する。

教材で内容を理解し、過去問で出題傾向を把握するのが重要です。教材の内容だけ理解しても、どのように試験問題として問われるわからなければ正答率を上げることに繋がりません。(教材は読む人が理解しやすいように表現していますが、試験問題は違います。)出題傾向を理解したうえで、教材の重要部分を暗記(理解)するのです。

実践編:ビル管理士試験模範解答集(日本教育訓練センター)【通称:赤本】

赤本は過去問及び丁寧な解説で構成されています。重要な法令や細かい用語の記載も多く、受験者のバイブル的な存在です。実際に出題された問題を解くため出題傾向・頻出事項を掴めます。6年分を繰り返し解くことが合格への近道です。2021年最新版が発売中です。

管理人
管理人

大型書店であれば大体置いてあると思います。

ビル管試験の勉強といえば「赤本」というくらいの必須参考書ですね。

過去問の取り組み方①

問題は解かない。解く必要がない。勉強する前の状態で解ける問題はほぼない。

最初に過去問をゼロから解き始めるのは効率が悪いです。

長年ビル管理に精通していたとしてもビル管試験の細かい選択肢を解ける人はほぼいないと思います。(業務より踏み込んだ選択肢なんてたくさん出題されています。多少は解ける部分もありますが非常に少ないです。)

試験勉強をしていない状況のテスト結果に落ち込む必要はないです。

解けなくても焦らず、落ち込まず、じっくり勉強に取り組みましょう。試験本番で本領発揮できればいいと思います。

過去問の取り組み方②

最初から解説を読む。

問題に正誤を落とし込み、なぜその選択肢なのか解説を読む

この手順で勉強を進めるのが良いと思います。解説はじっくり読みましょう。選択肢の問われている点は問題に落とし込んでおくと読み返したときに思い出しやすいです。

問題に要点ポイントを書き込んでいきましょう。

※最初にビル管理士試験合格テキストを一読している方は、ビル管理士試験合格テキストと過去問(赤本)の解説の内容が重なっていると感じると思います。重なっている部分は最重要ですので暗記(理解)しましょう。そして、最高率の勉強をしているのでそのまま継続していきましょう。

過去問の取り組み方③

解説を読み込みすぎない。

解説を読み込むことは大切なことなのですが、ビル管試験は科目が多く出題範囲も広いため「なんでその解答になるのか?」を突き詰めすぎないようにすることも大切だと思います。(最低限の解説は理解する必要があります。)

試験までの限りある時間の中で、ひとつの問題を突き詰めるよりかは、より幅広い問題を薄く理解している方が得点に繋がると思います。

過去問の取り組み方④

苦手分野を作らない。

計算問題:多くの方が計算問題を苦手としているイメージがありますが、ビル管試験で出題される計算問題はパターン化されているものが多く、繰り返し取り組めば解ける問題ばかりです。

管理人
管理人

このサイトでは計算問題にも注力しています。実際の試験問題をパターン化し、わかりやすいように解説しています。計算問題の記事も分野ごとに作っているのでよりパターン化をイメージしやすい作りとなっています。計算問題が苦手な人ほど参考にしてもらいたいです。

難問:ビル管試験ではいままで出題されてこなかった分野の問題(難問)が毎年何問か出題されています。解答できない問題を見越し、苦手分野を克服しておけば余裕をもって試験に臨めます。

近年「建築物の構造概論」にて難化傾向が見て取れます。

「建築物の構造概論」は問題数が少なく1問1問が合否に影響を与えています。そのため、より基本の問題・過去に出題された問題で点数をとることが必要です。総合点が合格ラインでも、科目で不合格になってしまった方が多くいます。苦手分野でも基本の問題・過去に出題された問題は確実に取りましょう。

近年の合格率と傾向を解説した記事です。

苦手克服編:ビル管理技術者試験問題集(オーム社)【通称:黒本】

苦手分野の対策には黒本の活用もお勧めです。黒本では科目別・分野別にまとめられており、その数365分類になります。赤本は過去問6年分のため、把握することができない分野もあります。黒本を通してより広い分野の要点を押さえることができます。また、苦手分野を集中的に攻略する手段にもなります。掲載内容は実際の試験問題より簡潔に解説されています。

管理人
管理人

すぐ売り切れ、なかなか手に入らないイメージです。こちらもネット通販の利用が一番確実な購入法と思います。(私はなかなか手に入れられず、試験直前にやっと購入できました。黒本ではじめて目にかかる分野の問題も多くありました。

このサイトを活用する!

このサイトは、私自身がビル管試験の勉強をしていた際に、

「こういうサイトがあったら便利だな」と思ったことをとりまとめ、ビル管受験者向けにサイトを作成しました。(使いやすさ、見やすさに力を入れて作っていきます。)

例えば、「特定建築物の届出事項」で出題される選択肢はたくさんありますが、試験で出てくる選択肢は5択です。過去問6年分解いてはじめて「特定建築物の届出事項」で問われる選択肢をカバーできます。(問題によっては6年分ではカバーできません。)過去問を繰り返せば自然と覚えますが、ふと振り返ったときに読み返したりするのは大変です。

このサイトでは、設問に対する過去8年分の選択肢をまとめています。

  • 振り返りたい問題を年度ごとに探す必要はありません。
  • 過去問8年分の選択肢を1か所にまとめています。
  • 最新の試験問題改正した法令等の原文を確認しながら更新しています。

過去問6年分解かなくても、その設問に関して、問われてきた出題傾向をもれなく把握できます。

是非ビル管の勉強をする際は、当サイトをご活用ください。

注意:当サイトは、日本建築衛生管理教育センターHPにて公開された実際の試験問題をほぼ原文のまま、まとめています。利用上の注意などはプライバシーポリシーにて説明しておりますので、ご参照ください。なお、掲載方法等につきましては、直接日本建築衛生管理教育センター様に相談し、ご了承をいただいた上で掲載しております。

午前の科目はこちらから

午後の科目はこちらから

計算問題の解説付きページも参考にしてください。